DTMR セミナー

Intro

DTMRイントロ(1回)

科学的に明らかになってきた「筋膜」に
関する最新知見を深め
基礎的な筋膜へのアプローチ法を学ぶ

  • 動画を交えた筋膜についてのレクチャー
  • 疾患に対しての、講師による臨床デモと解説
  • 受講生同士による交換セッション

料金はこちら

開催日程はこちら

内容

  • ボディワークの考え方について
  • 筋膜へ対する多様なアプローチ法について
  • 疾患症例デモとDTMRのセッション戦略、痛みの分析法
  • 筋膜について&筋膜に関する動画紹介
  • 何故筋膜へのアプローチが必要なのか?
  • 他の療法との違い筋膜の生理学と癒着・拘縮のメカニズム、
  • 筋膜がリリースされるメカニズム、DTMRの禁忌症状について
  • DTMRのリリース法〜実技体験と実技指導〜

Basic

DTMR Basic(6回)

基礎的な筋膜の捉え、
大切なからだの使い方を学ぶ!!

  • 四肢(下肢、上肢)のアプローチ法を学ぶ(足,下腿,膝,大腿,手,肘,肩甲帯,肩の筋,筋膜)
  • 筋膜の癒着・拘縮が関連する四肢の疾患についての理解
  • 筋膜へのアプローチに必要な評価法を学ぶ

料金はこちら

開催日程はこちら

1回目 臨床デモ〜セッション時の施術者の心の声を聞く・考慮すべき事柄の理解とDTMRの全体像、タッチの効、DTMRのリリース法、筋膜の触察、ボディメカニクスについて、痛みの分析に基づいた評価法、歩行&姿勢&動作分析、理想的な歩行の理解と考慮すべき事柄、動画での練習(センスとSD)、FBについて、からだに関するルール、ワークにおける意図
セッション時に考慮すべき事柄その1:好転反応について、セッションを受ける間隔について
2回目 足・下肢・膝・大腿へのワーク その1
部位:足、下腿の筋・筋膜、評価(歩行、姿勢、動作とからだにおける部位の機能性/役割について)、疾患についてセッション時に考慮すべき事柄その2:リリースして進まない場合は?統合ワークについて(ネックワーク)
3回目 足・下肢・膝・大腿へのワーク その2
部位:膝、大腿の筋・筋膜、評価(歩行、姿勢、動作とからだにおける部位の機能性/役割について)、疾患についてセッション時に考慮すべき事柄その3:からだの体質(タイプ)の見極めエラーゲン/コラスチン
4回目 手・肘・肩甲帯・肩へのワーク その1
部位:手、前腕の筋・筋膜、評価(歩行、姿勢、動作とからだにおける部位の機能性/役割について)、疾患についてセッション時に考慮すべき事柄その4:施術効果の見極めに関する考え方、部位 or 刺激量?
5回目 手・肘・肩甲帯・肩へのワーク その2
部位:肩甲帯、肩の筋・筋膜、評価(歩行、姿勢、動作とからだにおける部位の機能性/役割について)、疾患についてセッション時に考慮すべき事柄その5:セッションの刺激量について、滴定(てきてい)と当量点、適正刺激
6回目 復習& Basic 修了試験

Intermediate

DTMR Intermediate (6回)

評価する能力を高める、痛みと
筋•筋膜の緊張の関係を理解する!

  • 体幹のアプローチ法を学ぶ(骨盤底、大腰筋、腹部、胸郭、頚部の筋•筋膜)
  • 筋膜の癒着•拘縮が関連する体幹の疾患についての理解
  • 筋膜へのアプローチに必要な評価法を学ぶ

料金はこちら

開催日程はこちら

1回目 アウター・インナー、機能と構造について、姿勢分析と張力の解剖学
SDを特定する為の手法(質問、評価法)、動きの理解、からだに関するルール(再)動きに基づいてからだを評価する(筋膨隆と筋弱化のなぜ)
2回目 体幹へのワーク その1
部位:内転筋、骨盤底の筋・筋膜、評価(歩行、姿勢、動作とからだにおける部位の機能性/役割について)、疾患について
3回目 体幹へのワーク その2
部位:大腰筋、腹部の筋・筋膜、評価(歩行、姿勢、動作とからだにおける部位の機能性/役割について)、疾患について
4回目 体幹へのワーク その3
部位:殿筋、仙骨、DHR、QLの筋・筋膜、評価(歩行、姿勢、動作とからだにおける部位の機能性/役割について)、疾患について
5回目 体幹へのワーク その4
部位:背中、胸郭、頚部の筋・筋膜、評価(歩行、姿勢、動作とからだにおける部位の機能性/役割について)、疾患について
6回目 復習& Intermediate 修了試験