筋骨解剖学 セミナー

見て、触ってからだを評価することに対する「不安」が「自信」になるセミナーです。
特にあなたの触察(ペルペーション)のスキルがアップします!!

解剖学を学ぼう

使える 筋骨解剖学セミナー with 筋プリート

初心者から上級者までレベルに合わせた新感覚の学び方

お客さん、患者さんの症状やニーズを「観察、分析して、問題を解決する方法を考え出す」スキルを身につけたい インストラクター、トレーナー、治療家、医療従事者、また、機能解剖学(筋肉、骨、関節、腱、靭帯など)を仕事に役立つ知識になるように基礎からしっかりと勉強したい方々へ

2010年の開講以来、多くのヨガ・ピラティスインストラクター、トレーナー、治療家の皆様にご好評いただいております「使える筋骨解剖学セミナー」が、クラスで受けた授業内容をしっかりと予習・復習できる機能解剖学の総合学習教材「筋プリート」とのコラボで、クラス内容をパワーアップして帰ってきました!

使える筋骨解剖学セミナー with 筋プリート
廣瀬寛始講師


10年以上に渡り、臨床現場で人の痛みに向き合い、セミナーでは数千人を超える医療従事者に指導してきたベテラン講師が自信を持ってお伝えする「現場で使える筋骨解剖学(機能解剖学)」が学べるセミナーです!


 「筋プリート」とは?
 「からだの白地図」とは?

使える筋骨解剖学セミナー with 筋プリートの概要

1.使える筋骨解剖学セミナー with 筋プリート<入門編>

  • 1日(7時間)×2回 14時間
  • 1回目:からだとその動きがわかる機能解剖学
  • 2回目:絶対に外せない触察(ペルペーション)の基本的なエッセンス

2.使える筋骨解剖学セミナー with 筋プリート<基礎編>

  • 2日(14時間)×3回 42時間
  • ※<基礎編>では、触察(ペルペーション)の練習を多く行いますので、触診を行う際の基本ポイントについて事前に予習されたい場合は、
     <入門編>の2回目を受講することをオススメいたします。
  • 1回目(上肢)1日目:肩甲帯/肩関節 2日目:肘関節複合体/前腕/手指
  • 2回目(体幹)1日目:脊柱体幹背部/脊柱体幹頚部 2日目:胸郭/脊柱体幹腹部/骨盤底
  • 3回目(下肢)1日目:股関節/膝関節 2日目:足関節複合体/足趾

3.使える筋骨解剖学セミナー with 筋プリート<実践編>

  • 1日(7時間)×1回 7時間  以降 2時間 ×13回 26時間
  • 1回目:絶対に外せない姿勢分析、歩行分析の基本的なエッセンス、痛み、代償動作
  • 2回目以降:筋プリート どんどん実践評価スキルアップ講座

今こんな悩みを抱えていませんか?

ヨガ ピラティス 痛み 評価
  1. 1お客様が前回と同じ痛みを訴えてすぐに戻ってくる
  2. 2ここって、強く押しても大丈夫?骨は折れない?
  3. 3レッスンの中で全ての人に同じポージングをさせても危険でないかわからない
  4. 4思ったようにレッスンの効果がだせない。また、レッスンのバリエーションが限られている
  5. 5筋肉の付着部が、すぐに思い出せない!!
  6. 6人の動きをみても、どの筋肉が作用しているかわからない!!
  7. 7患者さん、クライアントさんのからだを触っているときに、どの筋肉を触っているのかわらない!!
  8. 8お客さんに対して上手く症状を説明できていない!!
  9. 9施術で結果を出したいが、どのように評価して、どう考えていけばいいのかわからない
  10. 10痛みの原因がなぜ起きているのか、よくわからない
  11. 11症状について、患者さん、お客さんにうまく説明ができていない
  12. 12施術やレッスンをおこなってみたが、からだの状態が良くなったのかどうかが、わからない

こんなお悩みをお持ちでも大丈夫!
「使える筋骨解剖学セミナー with 筋プリート」では、知識、技術のレベルアップを目指す方にとって必要な知識やスキルが学べます。
解剖学の専門知識がない方でも、安心して勉強できるコースもあります。あなたのニーズにあったクラスをお選びいただく事ができます!!



・初めて、基礎から機能解剖学を勉強していきたい!
・関節や靭帯、腱などがよくわからないので、もっと詳しく知りたい
・人のからだの動きのメカニズムが知りたい
・触察(ペルペーション)をしたいが自信がないので、コツを知りたい
矢印 入門編

・今まで勉強した機能解剖学をもっとしっかりと勉強したい
・筋肉の付着部や作用に関する記憶があいまいになっている
・もっと実践的な触察(ペルペーション)の練習がしたい!
・評価や施術全般的に自信が持てない
矢印 基礎編

・ある程度機能解剖学に自信はあるので、
 もっと実践練習を重ねたい
・評価に関するスキルをアップしたい!
矢印 実践編

※筋骨解剖学(運動器系機能解剖学)について基礎からじっくり、しっかりと勉強したい方は、 <入門編> → <基礎編> → <実践編> と順次受講されることをお勧めいたします。

使える筋骨解剖学セミナーとは

人の動きの様子

書籍に載っている解剖学の知識を勉強するだけのセミナーではなく、人のからだの動きの基礎的な知識を理論的に勉強しながら、実際に人のからだを見たり、触ったり、動かしたりといった感覚に基づいた経験と結びつけ、最終的には、長年にわたって現場で使える筋骨解剖学(運動器系機能解剖学)知識&スキルを身につけてゆくセミナーのことです。

ズバリ!!知っているだけじゃない解剖学のことです。つまりは、あなたのクライアントさんや患者さんがからだの不調で悩んでいるときに、その部位を ①観て ②触れて ③分析し、対処法を考えて、その対処法を実践できる解剖学の知識なのです。

・・・いいえ、知識ではなく解剖学の「スキル」なのです!

2010年に開講以来、多くのヨガ・ピラティスインストラクター、トレーナー、治療家の皆様にご参加いただいており、

「からだの対する評価(触察(ペルペーション)や動作分析)の考え方が変わった!」
「仕事に対して自信を持てるようになった!」
「機能解剖学の勉強が苦じゃなくなった、むしろ楽しくなった!」

というお声を多数頂いています。

使える筋骨解剖学セミナーで学んで得られること!

施術光景1 
  • ・あなたの施術&レッスンの効果とお客様の満足度倍増
  • ・このクラスを受講する事で、筋骨解剖学を学ぶ意味がわかる
  • ・日常のレッスンや臨床において、特に役立つ部分をピックアップ
  • ・日常のレッスンや臨床において、自分のやっていることにもっと自信が持てるようになる!

こんな方におすすめ

  • 入門編
  • ・解剖学を勉強することに興味がある人( セラピストやトレーナー、医療従事者、アマチュアアスリート)
  • ・解剖学を勉強した事はあるが、まだまだ仕事に活かせる自信がない人、またどのように仕事に活かしていいかがわからない人
  • ・もう一度、解剖学をしっかり学び直したい人
  • ・初めて解剖学を学ぶ人
  • ・解剖学を学んでトレーニングやコンディショニングに活かしたい人
  • ・仕事が忙しくて、解剖学を勉強する時間がない人
  • ・解剖学を勉強したいけど、どこから勉強を始めたらいいのか、何をおぼえていいのか分からない人
  • 基礎編実践編
  • ・触察(ペルペーション)をしっかり勉強&練習したい人
  • ・臨床現場における評価のスキルアップをしたい人
  • ・姿勢分析や歩行分析をもっと勉強したい人

筋肉の知識ゼロの方、お一人でのご参加、大歓迎の講座です!!シリーズで学べるので、レベルアップしながら確実に現場で役立つ知識が学べます!!!

使える筋骨解剖学 with 筋プリートの特徴

  1. 1定員 16人前後の少人数制
  2. 2クラスで習った内容を何度でも反復・復習できる教材があるので、安心して学ぶ事ができます!
  3. 3教材を使うことにより、クラス前の予習とクラス後の復習がより効率的に行える!
  4. 4教材に暗記する仕組みがあるので、クラス内で習った内容もしっかり覚えられる

10年以上に渡り、臨床現場で人の痛みに向き合い、1000人を超える医療従事者に指導してきた講師が自信を持ってお伝えする「現場で使える筋骨解剖学(機能解剖学)」が学べます!

<各クラスの詳細>

1.使える筋骨解剖学セミナー with 筋プリート<入門編>

筋骨解剖学入門編01

基本的な解剖・生理学に関するお話と
触察(ペルペーション)についての
絶対に外せない重要ポイントが学べる

このセミナーは、今までに解剖学や筋肉、骨について学んだ事がない方、或は、勉強はしたものの、解剖学の知識にまだ自信を持てない方向けへの筋骨解剖学入門講座です。
また、触察(ペルペーション)についての
絶対に外せない重要ポイントも学ぶことでできます。

料金はこちら

開催日程はこちら


机上の勉強&知識だけではなく、あなたのからだに対する「新たな」見方を学んでゆくセミナーとなっております。

「今まで、解剖学に興味があったけど難しそう」
「いざ勉強を始めてみたけど、情報が多すぎて無理!」
「専門用語が難しすぎて、文章の意味がわからない」
「筋肉を学んでも、どのように仕事に活かしていいかがわからない」

といった方にも分かり易く、ポイントを絞りながら、勉強していただけます。ですので、初めての方でも安心して解剖学を学べる講座となっています。またこのクラスの特徴としましては、筋肉や骨を頭でおぼえるだけでなく、様々なエクササイズやゲームを導入いたしますので、「触って、感じて、わかる!そして、使える知識」を身につけていただけます。知識だけじゃない、使える解剖学の基礎を学んでいただくクラスです。


使える筋骨解剖学セミナー with 筋プリート<入門編>を受講することで得られること

・からだや動きにおける軟骨、靭帯、腱、骨、関節、筋肉の役割に対する理解
・動きや姿勢に対する新たな見方、考え方
・痛みに対する新たな見方、考え方
・機能解剖学があなたの仕事の中で必要な理由
・筋肉の起始・停止を勉強する理由
・動きに関する概念
・テンセグリティーモデル的なからだの見方
・自然治癒力対する理解
・触察(ペルペーション)を行う上での、重要なポイントの理解

機能解剖学を勉強する意味がわかります!そして、それらの基礎知識をもとに、触察(ペルペーション)の基本的なエッセンスを学んでゆきます。

主な内容につきましては、下記をご覧ください。

1回目 ~からだ~
・学術的な解剖・生理学に関するお話
・私たちのからだって一体どうなっているの?
・からだにおける組織と細胞の構造と機能と特徴
・からだにおける軟骨、靭帯、腱の構造と機能と特徴
・からだにおける骨の構造と機能と特徴
・からだにおける関節、関節包の構造と機能と特徴
・からだにおける筋肉の構造と機能と特徴
・現場で使えるからだ解剖・生理学に関するお話
・機能解剖学的なからだに対する理解

~動き~
・動きを考える上で絶対に外せない機能解剖学の基本的なエッセンス
・からだはどういう風に動くの?
・体感しながら、からだがわかる、動きがわかる
・張力で考えるからだ:テンセグリティーモデル
・現場で使えるからだの見方・考え方
・歩行
・重力と姿勢
・インナーマッスルとアウターマッスル

~自然治癒力~
・からだはどうすれば治るの?
・自然治癒力を高めるためのボディ・マインド・スピリット
2回目 ・絶対に外せない触察(ペルペーション)の基本的なエッセンス
・触察(ペルペーション)の基礎
・効果的な触察(ペルペーション)実践のための環境づくり
・触察(ペルペーション)におけるよくあるミスとは?

2.使える筋骨解剖学セミナー with 筋プリート<基礎編>

筋骨解剖学基礎編01

からだの不調や痛みの原因となる運動器系の
構造と、その病理学のメカニズムについて
理解を深めながら触察(ペルペーション)を
「現場で使える」評価手法まで高めて行くための
セミナー

この<基礎編>では、からだの部位の「触察(ペルペーション)」に重点を置いて、からだを深く探求し、機能解剖学(筋肉、関節、靭帯)などの知識を絡めながら、触察(ペルペーション)の本質、役割、ポイントを理解、実践してゆきます。

料金はこちら

開催日程はこちら


使える筋骨解剖学セミナー with 筋プリート<基礎編>を受講することで得られること

・現場で使えるような「上肢」「体幹」「下肢」の機能解剖学と病理学の理解
・有効な評価法としての触察(ペルペーション)の本質、役割、ポイントの理解
・「上肢」「体幹」「下肢」の触察(ペルペーション)能力
・臨床の中で「触察(ペルペーション)」が活かせるようになるコツ
・施術の前後できちんと治療できた時の「変化」を評価することができるためのポイント
・筋プリート独自の「機能解剖学5ステップ勉強法」の理解

単に「筋肉に触れるようになる!」だけでない、からだの問題点が把握できるようになるような触察(ペルペーション)スキルが身につきます。
そして痛い部位や問題がある軟部組織を、確証をもって他者や患者さんへ伝えることができるなります!

主な内容につきましては、下記をご覧ください。

1回目
上肢(全2日間)
・肩甲帯
・肩関節
・肘関節複合体
・手関節
・手指
2回目
体幹(全2日間)
・脊柱体幹背部
・脊柱体幹頚部
・胸郭
・脊柱体幹腹部
・骨盤底
3回目
下肢(全2日間)
・股関節
・膝関節
・足関節複合体
・足趾

3.使える筋骨解剖学セミナー with 筋プリート<実践編>

筋骨解剖学実践編01

使える筋骨解剖学セミナー with 筋プリート
<入門編><基礎編>で習った内容をベースに、
あなたの評価スキルを実践を通じて
どんどん高めてゆくためのセミナー

木を見て、森を見ずという評価に偏るのではなく、森を見てから、木をみれるという評価スキルが身につきます。

料金はこちら

開催日程はこちら


使える筋骨解剖学セミナー with 筋プリート<実践編>を受講することで得られること

  ・機能解剖学の知識に基づいて評価の実践練習
  ・歩行分析についての理解
  ・痛みについての理解
  ・代償動作についての理解
  ・臨床推論における思考ベースの理解
  ・筋・筋膜性疼痛に関連する病理の理解


主な内容につきましては、下記をご覧ください。

1回目 ・機能解剖学の知識に基づいて評価スキルを高める
・からだの各部位の機能解剖学の復習
・触察(ペルペーション)の復習
・姿勢分析について
・歩行分析について
・痛みについて
・代償動作について
・臨床推論における思考ベース
・動作分析における動きを見る最重要ポイント
・臨床推論のポイント
・筋・筋膜性疼痛に関連する病理の説明
2回目 ・姿勢分析、歩行分析、臨床推論の実践練習

講師紹介

指導経験の豊富な講師が、受講生の方の技術がしっかりと身につくまで丁寧にご指導いたします

廣瀬寛始

廣瀬寛始

ロルフ・インスティチュート公認ロルファー
ロルフ・インスティチュート公認ロルフ・ムーブメント・プラクティショナー
三井温熱療術師
米国公認マッサージセラピスト(現在は休止中)、イトオテルミー正会員
シータヒーリング・プラクティショナーほか認定DTMRインストラクター
Fascial Research Society Founding Member(筋膜研究学会の創始メンバー)
朝日カルチャーセンター福岡教室(ロルフムーブメント)講師
大前研一創設 NPO法人 政策学校 「一新塾」 25期:福岡地域科 修了

プロフィール

1975年10月6日生まれ
生まれは山口県下関市(母の実家)、育ちは大阪。大阪の大学で心理学を学んだ後、スポーツ医学に興味を持ち、1998年よりアメリカ留学。留学中に親類の死に直面し、タッチの素晴らしさ、人に対してホリスティックな立場で接する事の大切さを教えられる。その後、留学中に偶然、筋膜の概念に運命的に出会いボディーワーカーの道を歩み始める。2005年に日本に帰国した後、現住所である福岡県に移り住み、多くの人にからだの素晴らしさを知ってもらおうと、I.S.E.を設立。その後、主に福岡にてからだやこころに関するワークショップを企画、開催する。
主な訳書に、「エデュケーティド・ハート」(エンタプライズ社)「マニュアルセラピストの為のボディーメカニクス」(エンタプライズ社)がある。

主な研修履歴

・ POMR (トラウマ&ビリーフ解消ワーク)
・ 内臓マニピュレーション(taught by Liz Gaggini)
・ シーターヒーリング(DNA1&2, DNA2.5)
・ コーチング(coach 21)
・ マニュアル・リンパドレナーシュ (taught by Academy of Lyphatic Studies)
・ メカニカル・オステオパシーセミナー
・ エナジェティック・オステオパシーセミナー
・ エナジェティック・ヴィッセラル(内臓へのワーク)