その他のセミナー

筋膜アプローチセミナー 10周年イベント

臨床に悩んでいる医療従事者の為の筋膜アプローチ

〜セミナー10年の軌跡から伝えられること〜

おかげさまをもちまして、2007年より開催させていただいております、「筋膜アプローチセミナー」も皆様のご愛顧のもと、無事10周年を迎えることができました。

当セミナーは、学術研究を中心とした団体ではなく、日々の臨床現場で働く医療従事者の方々への指導を、活動の中心として参りました。日々の指導の中から生まれた、臨床で役立つ実学的かつ実践的な知識やスキルをセミナー10周年の集大成としてお伝えしてゆきます。

今回のイベントでお伝えする筋膜へのアプローチという新たな「視点」や「臨床技術」が、日々臨床に励んでいる医療従事者の方にとっての問題解決のヒントにつながれば幸いです。

nightIMG_2229イントロセミナーIMG_0516

筋膜写真1  筋膜写真2

savoir_setirer_bd-18Microvacuoles2-webfascia_musclefascia

イベント内容

【基調講演1】10:30~11:30
「筋膜アプローチと私」
〜筋膜へのアプローチはなぜ効果があるのか、歴史における理解の変遷〜

講師:廣瀬 寛始 先生

内容:10周年イベントの最初の基調講演では、当セミナーの代表講師であります廣瀬寛始先生が、最新の筋膜に関する研究や知見を交えながら、「筋膜に対するアプローチがなぜ効果的なのか」について臨床家の立場からお話ししてゆきます。また日々の施術の基幹となる臨床的な観点や思想についてもお伝えしてゆきます。


【基調講演2】11:40~12:10
「超音波画像を用いたDTMRの効果検証」

講師:井上 芳典 先生

内容:基調講演2では、井上芳典先生が、DTMRの施術前後の被験者の大腿、腰部、下腿、前腕を日立 ARIETTA Prologueによって撮影した超音波画像を用いてDTMRの効果を検証していきます。


13:30~ ミニワークショップ 各教室にて

<体験型ブース1>
筋膜アプローチの臨床体験(部位別リリース体験)

講師:井上 芳典 先生 / 卒業生

場所:第1研修室

内容:実際に筋膜への施術を体験していただくためのブースになります。


<講演型ブース2>
「深部組織-筋膜リリース(DTMR)を学び、臨床にどのように活用してきたか?」
~脳血管疾患&整形疾患に対する上肢・手の治療~

講師:本多 亮平 先生

場所:会議室1

内容:成人片麻痺患者の上肢の治療において神経学的要素&非神経学的要素の治療は双方に重要です。今回は、特に非神経学的要素(筋肉の短縮やアライメント)、整形疾患患者の局所と全体性のつながりの中で可動域改善等についてレクチャーとデモを中心にお伝えしてゆきます。


<講演型ブース3>
深部組織-筋膜リリースの臨床応用(推論形成からセルフケア指導)

講師:高木 庸平 先生

場所:会議室2

内容:医療、介護費の高騰する中、私たち療法士はその原因と結果を考え、いかに≪予防≫の観点を取り入れるかが大切となってきます。そこで今回、身近に取り入れられるストレッチ+αとして、特定の筋肉を伸ばすストレッチに加え、【筋膜】の特性である感覚、連携、支持の特徴を活かして、全体と局所の評価から縦.横.斜めのセルフリリースをレクチャーとデモを中心にお伝えしてゆきます。

※参加者の皆様は、基調講演と全てのワークショプにご参加いただけます!

内容とスケジュール

内容 【基調講演1】廣瀬 寛始 先生
【基調講演2】井上 芳典 先生

<体験型ブース1>井上 芳典 先生
<講演型ブース2>本多 亮平 先生
<講演型ブース3>高木 庸平 先生

各詳細は、上記の【イベント内容】をご覧ください。
スケジュール 2018年2月25日(日)

【当日のスケジュール】
9:45 開場
10:20 オープングのご挨拶
10:30 開演 廣瀬先生 基調講演1
11:30 終了&休憩       
11:40 講演 井上先生 基調講演2「筋膜の映像」
12:10 終了&昼休憩
   
13:30~ ミニワークショップ 各教室にて
講師3名がミニワークショップ(70分枠にて)を行います。各ワークショップは、約20名が定員で、回ごとに配分します。
   
  13:30~14:40 <時間枠1>
  15:00~16:10 <時間枠2>
  16:30~17:40 <時間枠3>

18:00 終了予定
会場 ももち文化センター 3階 第1研修室、他
〒814-0006 福岡県福岡市早良区百道二丁目3番15号

【講師プロフィール】

sec09_sub10廣瀬寛始

ロルフ・インスティチュート公認ロルファー
ロルフ・インスティチュート公認ロルフ・ムーブメント・プラクティショナー
三井温熱療術師
米国公認マッサージセラピスト(現在は休止中)、イトオテルミー正会員
シータヒーリング・プラクティショナーほか認定DTMRインストラクター
Fascial Research Society Founding Member(筋膜研究学会の創始メンバー)
朝日カルチャーセンター福岡教室(ロルフムーブメント)講師
大前研一創設 NPO法人 政策学校 「一新塾」 25期:福岡地域科 修了

【プロフィール】
1975年10月6日生まれ
生まれは山口県下関市(母の実家)、育ちは大阪。大阪の大学で心理学を学んだ後、スポーツ医学に興味を持ち、1998年よりアメリカ留学。留学中に親類の死に直面し、タッチの素晴らしさ、人に対してホリスティックな立場で接する事の大切さを教えられる。その後、留学中に偶然、筋膜の概念に運命的に出会いボディーワーカーの道を歩み始める。2005年に日本に帰国した後、現住所である福岡県に移り住み、多くの人にからだの素晴らしさを知ってもらおうと、I.S.E.を設立。その後、主に福岡にてからだやこころに関するワークショップを企画、開催する。
主な訳書に、「エデュケーティド・ハート」(エンタプライズ社)「マニュアルセラピストの為のボディーメカニクス」(エンタプライズ社)がある。

【主な研修履歴】
・ POMR (トラウマ&ビリーフ解消ワーク)
・ 内臓マニピュレーション(taught by Liz Gaggini)
・ シーターヒーリング(DNA1&2, DNA2.5)
・ コーチング(coach 21)
・ マニュアル・リンパドレナーシュ (taught by Academy of Lyphatic Studies)
・ メカニカル・オステオパシーセミナー
・ エナジェティック・オステオパシーセミナー
・ エナジェティック・ヴィッセラル(内臓へのワーク)


sec09_sub11本多亮平

資  格:作業療法士 福祉住環境コーディネーター2級
加入協会:日本作業療法士協会
日本ボバース研究会
DTMRプラクティショナー協会

【プロフィール】
1980年5月27日生まれ。出身は大分県中津市。家族が医療に携わっている影響からか高校生の時にリハビリテーションに興味を抱く。元々は理学療法士を希望したいたが、自分の目で確かめたいと思い、病院でのリハビリ風景(理学療法・作業療法)を見学。「作業療法をしている患者さん楽しそうにしているな~」と率直に感じ、自分の直観力を信じ、作業療法士を目指すため、柳川リハビリテーション学院に入学。
卒業後は主に、中枢神経系のアプローチ(ボバース概念、活動分析、環境適応)を中心に研鑽を行っていたが、2006年講習会の中で筋膜ついて知る。“筋膜の概念”に興味を抱き、模索したところ廣瀬寛始氏と運命的に出会い、DTMRの門を叩く。
2011年DTMR認定プラクティショナー取得し、現在に至る。

【主な研修履歴】
・ボバース基礎講習会(2007)
・DTMRbasic(2009)
・DTMRinter&advance(2010~2011)
・ボバース上級講習会(2011)
・体表解剖セミナー(2012)
・柏塾長期研修会(2013)
・ファッシャル・インテグレーションSVLB&SVMB(2015)


sec09_sub12高木庸平

理学療法士、深部組織筋筋膜リリースプラクティショナー、JCCAベーシックインストラクター、
S-E-T Conceptベーシックインストラクター
所属:日本理学療法士協会、DTMRプラクティショナー協会理事

リハビリテーションから地域・社会貢献を目的に手技療法の応用、地域への障害予防の啓蒙活動を展開しています。

理学療法士養成校の非常勤講師
筋膜リリースの臨床応用
手技療法に必要な触診方法や解剖学


sec09_sub13井上芳典

理学療法士

昭和56年5月17日福岡県生まれ。
医療福祉専門学校を卒業後、整形外科領域でのリハビリテーション業務に従事。バレーボールや水泳、野球の分野でトレーナー・指導者としての経験から筋膜リリースの必要性を感じ、DTMRを学ぶ。
2期生として卒業後からアシスタント、インストラクターとして活動中。

応募要項

対象者 筋膜にご興味をお持ちの理学療法士、作業療法士、整体師、カイロプラクター、マッサージセラピスト、柔道整復師、鍼灸師、などの医療従事者や、ピラテスやヨガインストラクターなどの方々が対象となります。また、医療従事者以外の方でも、独自に解剖学や運動学を勉強されて、筋膜へのアプローチ(施術)方法に興味をお持ちの方は、受講いただけます。
定員 40名
受講料 8,640円(税込)
※お支払は事前振込のみとなります。
テキスト 当日配布します。
お申し込み期間 2018年2月16日(金)
お申し込みから受講までの流れ 【受講お申し込み】お申し込みフォーム or メール or 電話 にてお申し込み
   ↓
【ご案内メールの送付】お申し込み確認と受講料お振込みのご案内をメールいたします。
       ※お申し込み後、3日経過後も連絡がない場合、恐れ入りますがお電話にてご連絡ください。
   ↓
【受講お手続き】お申し込みとお振込みの確認がとれ次第、受講枠確保のメールをお送りいたします。
   ↓
【お申し込み完了】お申し込み完了のメールを送付
       ※お振込みの確認が取れ次第、お申し込み完了通知をメールにて送付します。
メールでお申し込みされる際の必須記載事項 お名前(漢字):
お名前(フリガナ) :
郵便番号:
ご住所:
お電話番号(ご自宅):
当日のご連絡先(携帯):
メールアドレス(PC、携帯等):
施設名:
職種:
経過年数:
お申し込みコースの日時&会場:
ご参加人数:
お振込み先:(西日本シティ銀行 or 福岡銀行)
I.S.E.からの受付確認ご連絡先:(E-mail or 携帯/自宅電話)

※携帯メールへのご連絡をご希望の場合、admin@fascia.jpを受信できるように、メールフィルターの設定変更をお願いします。
その他 駐車場は台数に制限がございますので、できる限り公共交通機関をご利用の上、ご来場いただきますよう、よろしくお願いいたします。
また、領収書が必要な方は、事前にご連絡をいただきますと、当日会場でお渡しいたします。
注意事項 お申し込み書またはメールにてお申し込み頂いた後、2週間過ぎても受講費のお振込みがなかった場合は、一旦キャンセルされたものとさせていただきますますので、ご注意ください。一度お振込みいただきました受講料は、お振り替え、ご返金などができませんので予めご了承くださいませ。又、天候不良、交通事情や急病など主催者側の事情で開催自体がキャンセルとなったような場合はお支払いいただいた受講料はお振込み料主催者負担で全額返金させていただきます。

また、お申し込み完了後やむを得ない事情でご参加できなくなった場合には、代わりの方に受講頂く事が可能ですので、その際には、お手数ですがご連絡いただきますよう、宜しくお願いいたします。