その他のセミナー

筋・筋膜アプローチ&神経モビリゼーションの実践セミナー

・神経系に起因する痛みがある患者さんの症状がなかなか改善しない
・患者さんの痺れが解消できない
・筋肉の萎縮を改善できるような手技を学びたい!

筋・筋膜の構造や連結を知り尽くした、筋膜教育において世界的に権威のある教育機関
「Rolf Institute」の現役講師であり、慢性的な神経疾患患者にリハビリを行ってきた理学療法士が教える
筋・筋膜アプローチ&神経モビリゼーションのセミナーです!

 

明日の臨床から使える!
シンプルで実践的な筋・筋膜アプローチ&神経モビリゼーションを学べます。

 Kevin McCoy Kevin McCoy Kevin McCoy


全米で唯一の理学療法士の資格を有するロルフ・インスティチュート(Rolf Institute)講師が指導する、
筋・筋膜&神経の胎生学/解剖学理論をベースに、筋・筋膜アプローチや神経モビリゼーションを用いて、
神経系に起因する痛みや痺れ、筋肉の萎縮を改善する手技が学べます。

sozai-9

【 筋・筋膜アプローチとは? 】
筋肉の過緊張や筋膜の炎症や怪我などによってできる拘縮(コラーゲン線維の高密度化)によって発生した筋・筋膜の可動性や滑走性の制限を独自の深いゆっくりとした圧を用いることによって、それらを改善していく手技です。

 

【 神経モビリゼーション(Neuro Mobilization)とは? 】
神経の絞扼や軟部組織(筋・筋膜や靭帯など)内での神経の滑走性の制限に起因する身体の痛みや痺れ、筋力低下、筋肉の萎縮を、神経ストレッチや神経周囲の筋・筋膜(軟部組織)をリリースすることで改善していく手技です。
神経の走行を確認し、その走行において動作的、視覚的、蝕察的に制限が起こっている箇所を評価して、ダイレクト(直接的)に神経にアプローチすることで絞扼や滑走性を改善していきます。

 

・筋、筋膜の基本的な触察(ペルペーション)を基礎からしっかり習得したい!
・筋、筋膜と神経系の関係についてもっと詳しく勉強したい!
・神経系で起こる問題を正しく評価できるようになりたい!
・神経モビリゼーションと神経ストレッチを学びたい!

そんな方におすすめのダイレクトな神経系へのアプローチ法です。
新しい技術を学ぶことであなた自身のスキルアップや、より幅広い層の方にお役立てください!

↓クリックすると、大きな画像で見ることができます。PDFファイルはこちら→( チラシ:表チラシ:裏

Kebin_workshop_dm_omote  Kebin_workshop_dm_ura

 

重要なお知らせ 】2017年10月2日

この度、2017年10月27日~11月9日に予定しておりました、「筋・筋膜アプローチ&神経モビリゼーションの実践セミナー」につきまして、
最少催行人数に達しなかったため、すべてのクラスを催行中止とさせていただきましたのでお知らせします。
セミナーご参加のお申し込み、ご検討を頂いていた皆様には急なご連絡となり誠に申し訳ございません。
皆様には大変なご迷惑をお掛けしましたことを重ねて深くお詫び申し上げますと共に何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
株式会社 I.S.E. スタッフ一同

内容とスケジュール

内容 ◆福岡 上肢、頚部、胸郭編(3日間)
 ・胎生学をベースにした、上肢や頚部の筋・筋膜&神経系の解剖学について
  (頚部の筋・筋膜層、僧帽筋、胸鎖乳突筋、斜角筋群、胸筋筋膜、胸腰筋膜、上肢の筋膜と筋間中隔、手掌腱膜、上腕三頭筋、
   上腕二頭筋、腕橈骨筋、長掌筋、総指伸筋、母指球筋群、自律神経、腕神経叢、正中神経、橈骨神経、尺骨神経など)
 ・上肢や頚部の筋・筋膜の連結について
 ・筋・筋膜の基礎的な触察(ペルペーション)法
 ・筋・筋膜への効果的なアプローチ法
 ・上肢や頚部の主な神経のモビリゼーション法
 ・上肢や頚部の筋・筋膜へアプローチする際の禁忌部位について
 ・患者様が実践できる効果的な神経のセルフケア法
  ・・・・・などを学ぶことができます。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◇東京 下肢、腰部、骨盤編(3日間)
 ・胎生学をベースにした、上肢や頚部の筋・筋膜&神経系の解剖学について
  (腰部の筋・筋膜層、胸腰筋膜の3層、下肢の筋膜と筋間中隔、伸筋支帯、屈筋支帯、足底筋膜、殿筋群、大腿筋膜張筋、
   ハムストリング、前脛骨筋、後脛骨筋、長腓骨筋、短腓骨筋、自律神経、坐骨神経、脛骨神経、総腓骨神経など)
 ・下肢や腰部、骨盤の筋・筋膜の連結について
 ・筋・筋膜の基礎的な触察(ペルペーション)法
 ・筋・筋膜への効果的なアプローチ法
 ・下肢や腰部、骨盤の主な神経のモビリゼーション法
 ・下肢や腰部、骨盤の筋・筋膜へアプローチする際の禁忌部位について
 ・患者様が実践できる効果的な神経のセルフケア法
  ・・・・・などを学ぶことができます。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆東京 全身(上肢、下肢、体幹)編(4日間)
 ・胎生学をベースにした、上肢や下肢、体幹の筋・筋膜&神経系の解剖学について
  (頚部の筋・筋膜層、僧帽筋、胸鎖乳突筋、斜角筋群、胸筋筋膜、上肢の筋膜と筋間中隔、手掌腱膜、上腕三頭筋、
   上腕二頭筋、腕橈骨筋、長掌筋、総指伸筋、母指球筋群、自律神経、腕神経叢、正中神経、橈骨神経、尺骨神経、
   腰部の筋・筋膜層、胸腰筋膜の3層、下肢の筋膜と筋間中隔、伸筋支帯、屈筋支帯、足底筋膜、殿筋群、大腿筋膜張筋、
   ハムストリング、前脛骨筋、後脛骨筋、長腓骨筋、短腓骨筋、自律神経、坐骨神経、脛骨神経、総腓骨神経など)
 ・上肢や下肢、体幹の筋・筋膜の連結について
 ・筋・筋膜への効果的なアプローチ法
 ・上肢や下肢、体幹の主な神経のモビリゼーション法
 ・上肢や下肢、体幹の筋・筋膜へアプローチする際の禁忌部位について
 ・クライアントさんが実践できる効果的な神経のセルフケア法
 ・その他、上肢や下肢、体幹への応用的な筋・筋膜的アプローチ法について
  ・・・・・などを学ぶことができます。

※東京での「全身」クラスは、基礎的な筋膜のアプローチ法を習得された方が、対象となりますので、
  筋・筋膜の基礎的な触察(ペルペーション)法は行いません。
スケジュール 【福岡】2017年10月27日(金)~29日(日):上肢、頚部、胸郭編(3日間)
【東京】2017年11月 3日(金・祝)~ 5日(日):下肢、腰部、骨盤編(3日間)
【東京】2017年11月 6日(月)~ 9日(木):全身(上肢、下肢、体幹)編(4日間)

時間:10:00~18:00 ※クラス時間は全ての会場で同じです。 

※ひとりひとりの受講生の方にしっかりと指導できるように、少人数のクラス編成になっております。
  お席が限られておりますので、お早めにお申し込みされることをおすすめいたします。
会場 【福岡】 福岡市内  公共交通機関より徒歩すぐ
 ※詳細はお申し込み後にお知らせいたします。

【東京】 都内の会場(飯田橋付近)  公共交通機関より徒歩すぐ
 ※詳細はお申し込み後にお知らせいたします。

【講師プロフィール】

Kevin McCoy, PT, LLC(ケヴィン・マッコイ氏、理学療法士)

Kevin-1Kevin-4マッコイ氏は、1985年にロルフ・インスティチュートよりロルファーの認定を受け、その後、自己研鑽のため、また自らのスキルアップのために、理学療法の勉強を始め、1997年にウィスコンシン大学理学療法学部を卒業し、理学療法士の資格を取得しました。

マッコイ氏は、1985年の認定以降、主にウィスコンシン州ミルウォーキー地域で、開業し日々患者に対するロルフィングの施術をおこなっています。また、理学療法士としては2000年から2004年まで、世界的に権威のあるKessler Institute for Rehabilitation*において、慢性期の神経的、整形外科的疾患を抱えた人達に対してロルフィングの施術をおこなっていました。

更に、長年に渡る筋膜教育の集大成として後年、マッコイ氏は全米で唯一理学療法士の資格を有するロルフ・インスティチュートの講師となりました。今現在も、ミルウォーキー地域で施術をおこなう忙しい日々の合い間を縫って、ロルフ・インスティチュートで新たなロルファー育成に情熱を注いでいます。

*Kessler Institute for Rehabilitationは「スーパーマン」で有名なで映画俳優のChristopher Reeveが晩年リハビリに励んだ施設として全米で知られています。
【参照サイト】https://www.kevinmccoyrolfing.com

応募要項

対象者 理学療法士、作業療法士、カイロプラクター、 ロルファー、ヨガ・ピラティスインストラクター、トレーナーなど、徒手療法にご興味をお持ちの方
定員 【福岡】上肢、頚部、胸郭編  定員18名
【東京】下肢、腰部、骨盤編  定員18名
【東京】全身(上肢、下肢、体幹)編  定員18名

※定員になり次第、申込みを締め切らせて頂きます。
受講料 【3日クラス】 85,000円(9月15日まで早期割引受講料)、95,000円(9月15日以降のお申し込み)
【4日クラス】 115,000円(9月15日まで早期割引受講料)、125,000円 (9月15日以降のお申し込み)

【6日クラス(福岡&東京)】 160,000円(9月15日まで早期割引受講料)、180,000円(9月15日以降のお申し込み)

※金額は税抜き
※その他の同時申込の割引金額は、弊社までお問い合わせください。
※確実にお席を確保するため、お申し込みから2週間以内に受講料の一部(30,000円)を先にお振込頂きます。
  また、先に全額受講料をお振込頂いても大丈夫です。
テキスト 当日配布します。
申込み期間 全てのクラス、2017年9月30日までに、お申し込みとご入金を完了させてください。
申込みから受講までの流れ 【受講申込】 申込みフォーム or メール or 電話 or FAX にて申込み
   ↓
【ご案内メールの送付】申込確認と受講料振込のご案内をメールいたします。
 ※お申込後、3日経過後も連絡がない場合、恐れ入りますがお電話にてご連絡ください。
   ↓
【受講手続】お申込とお振込(30,000円 or 受講料全額)の確認がとれ次第、受講枠確保のメールをお送りいたします。
   ↓
【受講料残金のお振込み】はじめに全額お振込みの方は手続き完了となります。
   ↓
【申込完了】申込完了のメールを送付
 ※振込みの確認が取れ次第、申込完了通知をメールにて送付します。
メールで申込む際の必須記載事項 お名前(漢字):  
お名前(フリガナ) :
郵便番号:
住所:
電話番号(自宅):
当日の連絡先(携帯):
メールアドレス(PC、携帯等):
経験年数:
申込コースの日時&会場:
 ※例:東京全身、福岡上肢のみ、東京下肢のみ、福岡上肢&東京下肢 など
参加人数:
お振込み先:(西日本シティ銀行 or 福岡銀行)
I.S.E.からの受付確認連絡先:(E-mail or 携帯/自宅電話)
 ※携帯メールへのご連絡をご希望の場合、admin@fascia.jpを受信できるように、メールフィルターの設定変更をお願いします。

もしくは、お申し込みフォーム(http://www.fascia.jp/form)をお使いくださいませ。
キャンセル規定 全額御入金後、
◎2017年9月15日以前にキャンセル:70%返金
◎2017年9月15日以降にキャンセル:30%返金
◎2017年9月30日以降にキャンセル:返金はございません

但し、代理受講は可能です。その他、お申し込みいただいた会場で、キャンセル待ちの方がいらっしゃる場合は、事情に応じて返金させていただく場合がございます。返金の場合は、振込手数料は、お申し込み者様のご負担でお願いいたします。
海外の著名な講師から、アメリカの最新のスキル&知識を日本語の通訳付きで、直接指導していただける数少ないチャンスです!